子どもに英語を教える簡単な方法

子どもに流暢な英語を身に付けさせるためには、幼少期から英語と触れ合うことが大切ですから、自宅でお子さんと接する際にはぜひ英語でコミュニケーションをとってみましょう。

まずはお子さんに対して、「ここで待っていてね」という意味の「Lets put you down」や「こっちにおいで」という意味の「Come here」と言い、料理中に目を離したくないという場合にはベビーサークルなどを活用しましょう。

誰でも分かる簡単な英語としてボキャブラリーを覚えさせるために、実際に料理で使う食材を用意するのがオススメなので、お子さんの名前を呼びかけて英会話してみましょう。

例えば、キャベツを見てほしい場合には「Cabbage,Look,cabbage」と言ったり、「It´s green」など、色や感触を英語で伝えるのも良いので、親御さんも恥ずかしがらずに英語を使ってみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る