いろんなシーンで使えるGoのフレーズ

Goを使った英会話フレーズは、様々な場面で使う事ができますので、ぜひ使いこなして英会話を楽しみましょう。

Goは行くという意味の単語ですが、Goingは○○しますという意味で使う事ができるのです。

例えば、そこに行った方が良いと伝えたいなら「You should go there」という表現になりますし、行かなければならないと言いたいのであれば「I have to go soon」のフレーズになりますよ。

どうしてそこに行ったのかと質問したいなら「Why did you go there」という表現になり、「Let’s go out before 2am」は午前2時に出かけようという意味になるのです。

そこに行くと決めたと伝えたいなら「I have decided to go」というフレーズになりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る