いろいろと活用できる「Get to」の使い方

日本人にはあまり知られていませんが、「Get to」というフレーズは状況に応じて様々な意味で使えますので、英会話でもっと表現したいと考えている方はぜひ活用してみましょう。

「I got to meet the president」は、社長に会う機会があったという英文であり、「get to」を「機会があった」という意味で使用しており、同じ意味である「I had the opportunity to」よりも略して表現できますし口語的です。

「He got to go home early」は、彼は早退することを許されたという英文であり、「get to」を「許された」という意味で使用しています。

「Im getting to know her」は、「彼女を知るようになってきた」という意味です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る